Pickup Photo!
2011/11/29 :: ひざが鳴る…(動画あり)。おまけは英人さん風Tips
今回の記事は、
■【3/4】寝返って膝脱臼。子どもの頃の脱臼クセ(2010/08/14)
のその後の話です。


まぁ、まず、動画を見てやってください。
って、この動画、ハズカシイんですけども…

▼ 音が大きいので注意です!



QuickTime Playerの表示が変になっている場合がありますが、
(スクロールにあわせて残像が出まくる、とか)
再生ボタンをクリックするとフツーに再生するみたいです。


動画は色々加工していますが、
注目いただきたいのは「生足」ではなく「ひざの音」。

■毛が抜ける…(2011/11/11)の記事で、
体パーツをさらした続きで、今回はひざをさらします。


最初に気が付いたのは、、、多分去年。
少なくとも間違いなく
「寝返って膝を亜脱臼(?)」してから以降のことで、
ご覧のとおり、
曲げきったひざを伸ばすとき、関節が必ず鳴るんですよ。

その音は、
何かがひっかかっているような「コクン」という音が
1度鳴るのではなく、
何かがこすれ合っているような「ギギギ」ときしむ音ですよね。

一過性のものだろうと、最初あまり気にしていなかったのですが、
治る気配が全くなく、今現在も続いているのは…
なんか、これもヤなカンジです…。

ひざ関節が鳴ることによる痛みはなく、
日常生活に特に支障はないのですが、
それよりも寝返ったり座ったりするだけで
亜脱臼する(?)自分のひざが怖いです。

そこで、
ひざのサポーターをまた使い始めたり(←大昔も使っていた)
ひざ周りを鍛える体操をやったりしましたが…

三日坊主ではなく、一ヶ月坊主で自然消滅しました(苦笑)


痛くないならこのまま放置していて大丈夫なのかな。
気が付いたら既に変形性膝関節症になってる、
なんてことにならないかな。

と、多少気にしながらも、
今回もまた、病院に行かない私でした。



■膝を伸ばすときに音がしてスムーズに立ち上がれない
http://www.cocokarada.jp/column/qa/0904/01.shtml
1膝のお皿(膝蓋骨)で鳴る音
2半月板に傷が入れば、音の原因になる
3関節を包む袋の厚くなっている部分が骨と引っ掛かり、出る音
4関節内が陰圧になると、気泡が生じ、それがはじけることで音が出る
5膝関節の近くで筋肉の腱が骨の出っ張りとこすれ合って生じるもの

一般に、膝の辺りで生じる音は、
痛みがない限り、心配いりません。
自然に消失することも多いのです。



■7)立ち居でひざの骨が鳴る
http://www.tottori.med.or.jp/dd.aspx?itemid=1581&efromid=0
その多くは「半月損傷」もしくは「変形性膝関節症」という病気が原因

半月損傷は、
半月という大腿(だいたい)骨と脛(けい)骨の間にはさまった
硬い軟骨が壊れる病気で、
壊れた部分が膝の曲げ伸ばしの際に
骨にひっかかって音を発生するもの

変形性膝関節症は、
骨の表面を覆っている軟骨がすり減り、
骨の端が「とげ」のようにとがった状態になり、
関節にいろいろな不具合を引き起こします

ほかにも音を発生する病気がありますので



■膝が痛いとき、膝痛体操で治す
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hakatabay/hizaita2.pdf

1 脚上げ体操 は、私もやりましたよ。



▼ 余談1 --

過去ログでは
「耳」と「くるぶし」と「ハゲ」と「ひじの内側」
の写真もさらしています。
そのうち、全部集めると全身写真になってしまいそうだ(苦笑)



▼ 余談2 --

一応、書いておこうかな。
これは今年に入ってからの症状で、
寝起きや、ずっと座っていて立ち上がる時なんかに、
やはり右足の、足首の関節がこわばるようになりました…。

おっと、今、少し調べたら、
「ヘバーデン結節」なんてのを知ったよ。
ちょっと似た症状があるよ、私!


■へバーデン結節の基礎知識
http://www.333taka.com/02.html
手の指の関節が赤く腫れあがり、痛みが続くと、
関節リウマチを疑う人も多いですが、
第一関節だけが腫れて痛むのであれば、
ヘバーデン結節の可能性が高いことになります。
変形性関節症の一種

ヘバーデン結節は
骨が増殖するために骨のとげができていますが、
リウマチは骨が破壊されているのです


まぁ、歳相応にガタがきているで済ませてしまう私は、
ホントはいけないのかな?



▼ 余談3 --

Photoshop Tips 簡易 鈴木英人 風

Adobe Photoshopのフィルタで
カットアウト と 輪郭のトレース を元に
色調を調整すると、
簡易鈴木英人さん風の画像ができますよ。

!!$photo1!!


!!$photo2!!


鈴木英人さんって、
下絵を写真からトレースでおこしていると知った時は
少しビックリした…
てっきり、
デッサン力で描いているものだと思っていたから。

でも、カッコいいものは、カッコいい!





余談多すぎですかね。
でも、別記事に書くほどでもない内容だけど
捨てるには惜しいので…。



おやすみなさいませ。

03:37


all photo

こんなところにelixir18

「18代目エリクサー・ページ」は
管理人na2の独り言ブログです。
過去の日付にも新規書き込みをしますので、
更新履歴は Feed や new! マークを参照してください。
hits (since 2007.07.02)

2018 / 10   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment
«« 「耳をすませば」と「Vガンダム」 | main | 【3/8】初めてのパソコンリサイクル法、新しいLCDモニタ買ったよ »»

«« カテゴリ内前記事(入院中の間質性肺炎患者のお見舞い品選び。呼吸商とか) | 頸部神経鞘腫・医療 | カテゴリ内次記事(伯母の再入院で思い出す母の代替療法) »»
Menu

Recent Diary

Recent Comments

Category
game (16)

Pageview Ranking (10.01.27〜)


RSS & Atom Feed
こんなところにelixir18
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ご案内とタイトル一覧
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
独り言
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
10KB写真室
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
色いろ画作り
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
覚えていたい一節
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
無料楽譜とか
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
頸部神経鞘腫・医療
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
福島第一原子力発電所とか
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
game
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Search


その他







カウントダウンタイマー





2010/07/14
「後遺症」と「新たな病気」の境界

かかりつけ医を持たない人が
いざ、「目当ての検査をしてくれそうな開業医」を探すって、
難しいね…
どんな検査機材を整えているのか、情報が分からない…。

大きな病院ならCTくらいあるだろうけど、
そういう病院はたいてい紹介状が必要だし。
紹介状を持たずに大学病院へ診察に行って
邪険に扱われたこと、あるし。

耳鼻咽喉科の開業医で、せめてCTを設置している近所の病院、
なんて、あるのか、ないのか、探しようがない。


目をそむけ続けて数年…、
実は私、具合悪いっす。
でもそれが、治りようのない後遺症なのか、
新たな病気の症状なのかが分からないんです…。

後遺症持ちって、
どこまで我慢すればよいのかその境界が分からない…。



年々具合が悪くなる。
つか、目で見て腫れてるのがわかるし。
しかも、ずーーーーーっと腫れ続けてるし。
「ぼこっ」と腫れてるし、グリグリするし。
少し熱っぽいし、少し痛いし、少し苦しいし。
でも、我慢できなくはないから我慢してしまう。


何かそこにあることは確かなんだけど、
それは腫瘍?
炎症?
それともただの首の筋肉?


「後遺症」と「新たな病気」の境界


「後遺症」と「新たな病気」の境界


鼻腔が圧迫されてクチ呼吸になる。
「まだ聴力はある」なんて確認するほど耳もかなり圧迫されてる。
最近、目の形が違う時があるけど、
もしかして眼球が押されて出てきたとか?


良くはなっていない。
少しずつ、悪くなっていってる…。
それはとても感じている。

それでも、これら全部が「後遺症」なのかもしれない。
ただの「後遺症」なら我慢するしかないのだろう。


医者は、
「早期発見、早期治療」なんていうけど、
(私の場合)意を決して大学病院に診察に行ったのに、
「何しに来たの?」みたいな態度を医師にとられたことがある。

ちなみに、
同大学病院の同科・別の若い女医さんは
私とは別に、受診していた私の母親に向かって
「(主治医が)私でいいいのかしら…」なんて
自信なさげなボヤキをいったらしいし。
(患者にいってはいけない言葉だろ、それは!!!)

同大学病院の別科・ベテラン医師は、
質問をしようとする母親を
こともあろうに手で制止してカルテ書きを優先したらしいし。
しかも、そんなことがちょくちょくあったらしいし。
(うちの母親は内弁慶な人なので、外では大人しい人です。
 それなのに、
 犬猫じゃないんだから、せめて言葉で「少し待って」と言うべきだ)

なので、
この病院は超有名な大学病院だけど、
我が家ではかなり評価が低い。
(母親も、現在は転院しています)


大きな病院なら検査機材がそろっているだろうけど、
いきなり診察を受けに行くもんじゃないんだろう。

かといって、
画像診断機材を完備している耳鼻咽喉科開業医って、
そんなになさそうな気がする…。


そんなこんなで、
病院はキライじゃないけど診察は苦手な私は、
ずるずると病院へ行かずじまいになるのです…




って、



マズイとは思っていマス…





--余談--

こんな記事を読んだ。

■わたしの医見
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=20076
医療に関する体験、意見、疑問に関する新聞投稿記事。


■痛みと付き合う(2010年5月21日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=25381
我慢すれば日常生活は送れるが(中略)
でも、本当に我慢していていいのかとも思う。


■我慢はどこまで(2010年5月28日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=25757
はっきり言って、どこまで我慢していいのか、わからない。

修正




Web Clap by FC2 ← クリックしてくださると 本当に 嬉しいです。






 
Comments

Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字