都立戸山公園(箱根山地区)

山手線新大久保駅下車徒歩20分くらいの所にある、戸山公園(箱根山地区)です。
戸山公園は明治通りをはさんで、箱根山地区と大久保地区に分かれています。



1 戸山公園内の道

住宅地はともかく、戸山公園内は想像以上にうっそうとした
山道だったのでビックリしました。
雨を含んで湿った土の香り、足の下の草の感触、重い空気。
新宿の中の別天地のようでした。
でも、夜は怖いよ。絶対、怖いです。

2 都営戸山ハイツアパート

戸山公園に隣接する、都営戸山住宅です。
<菊地world>では、陽気な吸血鬼達が住むところ
となっています(笑)

3 箱根山 陸軍戸山学校跡

箱根山地区は、源頼朝の武将和田左衛門尉義盛 の領地で、
“和田戸山”と呼ばれていました。その後、尾州徳川家が
この領地に廻遊式築山泉水庭“戸山荘”を作ります。
箱根山はその、築山(玉円峰)のなごりだそうです。

4 箱根山

菊地先生の小説、“魔界都市ブルース 夜叉姫伝1”(祥伝社)で、
長老が姫と戦い滅んだのが箱根山です。
山手線内で1番標高が高い(44.6m)ということですが、
山と言うより、丘といった感じです。

5 箱根山の頂

小雨が降っていたので、見晴らしが全くきかなかったです。
訪れる人がさほどいるとは思えない箱根山の頂上で、
女の人が、正座して、何か小声で祈っていました。
不気味に思うよりも、雨に濡れながらこんな所に
1人で座る姿が寂しすぎます。


このページは、大きい写真へのリンクはありません。

          Copyright  ©  夏撮影室  All Rights Reserved.